スポンサードリンク

内山理名さんで大原麗子さんをドラマ化

2009年8月に亡くなられた故・大原麗子(おおはられいこ)さんの人生をドラマ化することになりました。「女優 麗子 炎のように(仮題)」


演じるのは女優の内山理名(うちやまりな)さん。テレビ東京系で3月、ゴールデンタイムで2時間放送です。


ドラマは、「大原麗子 炎のように」の原作がもとにつくられ、麗子さんの弟・大原政光さんが監修で制作されるそうです。原作は、芸能ジャーナリスト前田忠明さんが調査し書き上げたもの。


岡部紳二チーフプロデューサーは、内山さんについて「強い女優魂を感じさせる」と絶賛。大原麗子さんと同じ、うちに秘めた激しい精神があると思う。内山さんの演じる大原麗子さんは、間違いなく視聴者に深い感動を与えてくれるはず」と期待大のようです。


内山さんのほうは「大原麗子さんのイメージが大きすぎて、プレッシャーに押しつぶされそう」と語っています。大原さんの墓前にも行って報告してきたそうです。「できる限りのことはやらせていただきます」と。「麗子さんになりきって堂々と演じたい」と精いっぱい頑張ることを表明されています。


ドラマには、麗子さんの元夫の渡瀬恒彦(わたせつねひこ)さん、森真一(もりしんいち)さん達も、実名で出てくるそう。弟の政光さんは、「母親と自分の信念の為に、自分に厳しく満足できる演技を目指して仕事に打ち込んできました。女としての幸福を捨ててまで。これをドラマ化することは、姉の遺言とも言える」とお話しされています。


実力派女優だった大原麗子さんを、内山理名さんがどのように演じるのか、楽しみです。
posted by macaronmama at 10:42 | 芸能>女性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
外国為替証拠金取引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。