スポンサードリンク

おトメさんの視聴率とあらすじ


◆◇◆おトメさん◆◇◆  第6話



・2013年2月21日 
・毎週木曜日 21:00 
・テレビ朝日


■視聴率■

平均11.33%です。
けっこういいですよね。これで黒木瞳さんも安心でしょうか。



■キャスト■

黒木 瞳 相武 紗季 石田 純一 郭 智博 大地 康雄 鈴木 砂羽 ほか



♪主題歌♪ 竹内まりや 「たそがれダイアリー」 2月27日(水)発売



■あらすじ■

<トメ>とは…<姑(シュートメ)>の<トメ>。
現代の嫁たちは、姑のことをネットでこう呼ぶ。そして、自分達の主張を通そうとする。が、ネットだけではなく、トメの前でも自分の意見を主張するのが今の嫁らしい。


時代により、絶対的姑優位の構図は完全に崩壊してしまったらしい。


同居する嫁の隠し事がわかり、嫁が自分の家庭を壊そうとしていることに気づき、おトメさんが1人で家庭の平和のために立ちあがる。コミカルとサスペンスで「嫁姑事変」を描いていく。



■第6話■  

嫁・李里香(相武紗季)の持ち物が突然消えた。失踪人・福本章介(市川勇)の名刺も一緒に。それらを嫁の怪しげな正体を暴露しようと証拠として、夫・博行(石田純一)に見せようと思っていた麻子(黒木瞳)は驚く。


李里香が荷物をすべて倉島(渋川清彦)に預けたのではないかと疑い始める。倉島はこっそりと李里香に現金を渡していた男。しかも、李里香は夫・優太(郭智博)のアルバイト先として、倉島の店を紹介していたのだ。これはなにかよくない目的があるに違いない――麻子の李里香に対する疑いが一層ひどくなる。


李里香は、福本の失踪事件を捜査する刑事・呉竹(大地康雄)のもとへ行き、自分が福本の愛人だったことを否定。ある文書を呉竹に提出する。帰宅した李里香は、麻子を海へと誘う。誘いに乗れば、ただでは済まない、もしかしたら命さえもと不穏な予感を抱きながらも、覚悟を決めた麻子は翌日、2人きりで海へ行く。

 
そのころ博行は、勤め先の社長・満智子(奈美悦子)に呼び出される。部下・まるみ(臼田あさ美)がフラれた腹いせに、博行から不適切な関係を強要された、と告発していた。しかも、博行が取引先から多額のキックバックを受け取っていた事実も、同じく部下である一条(神保悟志)によって満智子に知らされてしまった。博行は次の日じゅうに全額を返還すると約束をしてしまう。しかし、その金のほとんどは、優太に貸してしまっていた…。のらりくらりと、うまく渡り歩いてきた人生に、突如立ちはだかる絶体絶命の壁。追い詰められた博行はどう立ち向かうのか。


そのころ、麻子は李里香と一緒に、人気のない断崖絶壁の岬にいた。突然李里香が"知られざる真実"を語り始めた。



★話題★

黒木瞳さんは、実生活では嫁だそう。黒木さんは「私は実はいい嫁なんです(笑)でも、自分は働く嫁だし、もともと他人同士なので、コミュニケーションをとるために、よく一緒にお酒を飲むようにしています」とのこと。そのためか、嫁姑関係はすこぶるいいそう。


相武さんは、黒木さんの嫁姑関係をきいて「自分も嫁になったら、お姑さんと女子会みたいにできるような関係が理想です」と話したそう。


なかなか、現実は難しいと思いますが・・・。
posted by macaronmama at 12:39 | ドラマ>おトメさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
外国為替証拠金取引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。