スポンサードリンク

科捜研の女(12)・第6話・あらすじ


◆◇◆科捜研の女(12)◆◇◆ 第6話



・2013年2月21日 
・毎週木曜日 20:00
・テレビ朝日



■キャスト■

沢口靖子 風間トオル 奥田恵梨華 長田成哉 斉藤暁 内藤剛志 高橋光臣 戸田菜穂 田中健 若村真由美 ほか



♪主題歌♪ やなわらばー 「でもね・・・」



■あらすじ■

榊マリコ(沢口靖子)は、京都府警科学捜査研究所方位研究員。血痕・毛髪・皮膚片・体液など、犯罪現場に残された証拠を科学の力で分析し、犯人を突き止めていく。


2つの顔をもつミステリーで、1つはチームワーク。法医・物理・化学・文書鑑定の線知識を持った研究員たちが力を合わせて事件解決を目指す。
もう1つはコンビネーション。刑事部の捜査一課・土門啓二(内藤剛志)と榊マリコが連携プレーを見せていく。



■第6話■ 

ある施設の前で死体が見つかった。金属加工工場で働く若者・川崎雄二(倉貫匡弘)の死体だった。転落死かと思ったが、施設の屋上から転落したにしては、遺体の位置が離れすぎていた。


榊マリコ(沢口靖子)は、遺体の首筋に不思議な2点の刺し傷と、手の甲や二の腕に赤い腫れがあることにも気づく。新人刑事の木島修平(崎本大海)は、迅速かつ的確に検視を進めるマリコの手際に圧倒される。
 

被害者の姉・京子(遠藤久美子)は唯一の身内である弟が亡くなったにもかかわらず、遺体に対面しても大きな動揺もなく、涙も見せなかった。そんな中、2週間後に控えている呉服店経営者・田端康弘(木内義一)との結婚式の準備を、淡々と進めていた。


部下の権藤刑事の殉職に打ちのめされた土門刑事(内藤剛志)はそんな京子の行動に違和感を覚え、彼女を疑う。



★ワンポイント★

「科捜研の女」は、チームワークとコンビネーションの2つの顔をもちながらのストーリー展開を楽しめるミステリードラマ。今回からエリート警視・芝美紀江管理官が新たに加わり、今までとは違う楽しみ方ができそうです。




posted by macaronmama at 13:15 | ドラマ>科捜研の女(12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
外国為替証拠金取引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。