スポンサードリンク

夜行観覧車のネタバレとあらすじ


◆◇◆夜行観覧車◆◇◆  第6話


・2013年2月22日
・毎週金曜日 22:00 
・TBS



■キャスト■

鈴木京香 石田ゆり子 宮迫博之 安田章大 杉咲花 宮ア香蓮 中川大志 田中哲司 夏木マリ 高橋克典 ほか



♪主題歌♪ AI 「VOICE」



■第6話■ 

13年、事件四日後。


真弓(鈴木京香)のもとに、逃亡中の淳子(石田ゆり子)から、公衆電話から「会って話したいことがある」と連絡があり、高台の公園で待ち合わせをした。真弓はやってきた淳子のやつれた表情に驚く。


淳子は、会うなり行方不明の慎司(中川大志)を探して出して欲しいと懇願してくる。真弓は、淳子に事件の翌日、夫の啓介(宮迫博之)と会っていたことを問いただすと、淳子は真弓を裏切ることは絶対にしていないと言うだけだった。


京都では妹の比奈子(宮ア香蓮)と良幸の彼女・明里(滝裕可里)が、うつろな表情で自分の部屋に戻ってきた良幸(安田章大)を待ち受けていた。良幸は慎司から電話がかかってきたこと、その電話で「死ぬしかない」と慎司が言っていたことを話す。そして、急いで比奈子と横浜へ帰る。


横浜に戻り、遺体安置室へと入った良幸は、横たえられた弘幸(田中哲司)の遺体に触れ、はじめて弘幸の死を実感するのだった。良幸と比奈子が病院のロビーを歩いていると、目の前に真弓が立っていた。真弓は、今朝、淳子と会ったことを2人に話した。動揺する比奈子と良幸に慎司を探す協力をする約束をし、ビジネスホテルで生活を送る二人と一緒に「ひばりヶ丘」の高橋家へと3人で、荷物をとりに帰ることにする。


中傷ビラで覆われた我が家を見た良幸と比奈子は声も出ないで呆然としていた。そこに、さと子(夏木マリ)が現れ気の毒そうにしながらも、ここ(「ひばりヶ丘」)には良幸と比奈子のいる場所はないと言い放つ。ただ立ち尽くす2人に、真弓は自分たちの家だから堂々としていなさいと優しく背中を押してあげる。


その頃、観覧車を眺めながら自転車を押している彩花(杉咲花)に、刑事の結城(高橋克典)が声をかけてくる。結城は観覧車を見上げながら、離婚した妻と離れて暮す息子の話をしはじめる。そして、真弓と結城が大学の同級生だったことも話していた。結城と別れ、家に戻った彩花を待っていた真弓。声を懸けても相変わらす彩花に無視をされる真弓の携帯に、淳子からある内容が書かれたメールが届く。



★ネタバレ★

2月15日の放送で、マー君こと、小泉孝太郎さんが出演されました。


夏木マリさん演じる母親は、一緒に住む気満々なのですが、マー君は奥さんの実家に住むと言いだし・・・
母親の中で何かが壊れたのでしょうか・・・

「オーバーザレインボウ」をハミングする夏木マリさんが怖かった・・・(^▽^;)

一緒に住む予定はないのに、息子の嫁が妊娠したときいて、赤ちゃんのもの一式準備した様子で終わりました。
うつろな目つきのままハミングしている・・・。


慎司は兄に電話したあと、飛び降りたのか・・・。


真弓と淳子は無事に会え、淳子はまた逃げるのか・・・。


佳境にはいってきて、目が離せません!!楽しみ・・・
posted by macaronmama at 12:49 | ドラマ>夜行観覧者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
外国為替証拠金取引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。