スポンサードリンク

dinnerの最終回・ネタバレ

dinner、とうとう最終回でしたね。

最終回はネタバレということで、ストーリーとというよりも、私の感想で^^;すいません。


このドラマ、実は私の大好きなドラマだったので(^^♪。
正直、これが月9でいいと思うほど、いいドラマだと思っています。


観ていて、とても楽しいドラマだったんです。私にとっては・・・ですけど。


江口洋介さん演じる江崎が、いつも楽しそうに料理を作るのが大好きでした。
私もあんなふうに、いろんなことを楽しみながら家事や、仕事をしたいと思わせてくれるドラマでした。


とくに派手でもなく、ドラマチックでもないけれど、胸にジーンとくるドラマだったんです。


始めは、「え、江口さんまた洋食屋?ランチの女王じゃん」とか思ってしまいました^^;
でもでも、今回は色恋沙汰はなく、ひたすら料理を愛する男でした(笑)


お客様の喜ぶ顔が見たくて、精一杯dinnerを作る。楽しみながら♪
これだけのテーマなんですけどね。
江崎の厳しさの中で、スタッフ達が成長していく姿が描かれ、ベタと言えばベタなんですけど、感動してしまいました。


世界中のイタリアン・レストランを三ツ星で格付けしているガイドブック『カーザ・トリーノ』に、メインを今井と競って出し、負けた時の江崎の悔しそうな顔。でも今井が成長して嬉しそうな顔。
最後に『ロッカビアンカ』が、この『カーザ・トリーノ』に星を2つもらい、これはアジアでは初めてのこと・・・とラジオで聞いた時の江崎の喜びよう。ヤッターではなく、プッと吹き出しながら喜ぶ様。


イタリアの有名店『テレーザ』から新たしくオープンする店の店長に・・・と言われても断る江崎。きっと大きい、小さいは関係なく、自分の料理を喜んでくれる店でひたすら料理を作っていたい・・・と、ある意味職人みたいな料理人なんですね。


このテレーザのスカウトの時に、「そろそろ戻らないと。デイナーがはじまるから」と言ったセリフが妙に心に残りました。なんかこのドラマのすべてを物語っているように感じました。ごめんなさい。観ていない方にはわかりづらいと思います。こんな説明では。でも、最終回は一言一言が胸にしみたんですよね〜。


このドラマのコンセプトに「イタリアンレストランを舞台に“働くこと”“生きること”を問いかける笑って泣ける群像劇」とありました。まさにその通りの、1点のブレもないドラマだったと思います。私の下手な説明よりも、これに尽きます(笑)


で、もうひとつオススメなのが、主題歌・サカナクションのmusicです。私は、これを聴いてからサカナクションのファンになり、毎日聴いています(笑)子供からどうしたの?と、びっくりされています(笑)まあ、若い子が聞くバンドなんでしょうね。でも大好きです。ドラマと合っていて、とても楽しくウキウキワクワクする楽曲です。他の曲もオススメですが、まずはmusicから入られることをオススメします(笑)決してサカナクションの関係者でもプロモーションでもありません(笑)れっきとしたいちファンです。この曲をきいて家事がはかどりしかたありません。これを聞くとdinnerを思い出す→江崎の楽しそうに料理を作る姿を思い出す→私もいろいろ楽しもう♪といい連鎖になるわけですね(爆)


久しぶりに心に残るドラマでした。楽しかった〜♪
posted by macaronmama at 09:24 | ドラマ>dinner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dinner ディナー・第6話・あらすじ


◆◇◆dinner ディナー◆◇◆ 第6話



・2013年2月17日 
・毎週日曜日 21:00 
・フジテレビ



■キャスト■

 江口洋介 倉科カナ 松重豊 袴田吉彦 関めぐみ 志賀廣太郎 柴本幸 池津祥子 風間杜夫 八嶋智人 ユースケ・サンタマリア ほか



♪主題歌♪ サカナクション 「ミュージック」



■第6話■

『ロッカビアンカ』に有名な雑誌から取材の依頼がきた。前回の小さな記事ではなく、4ページの大特集だという。スタッフ達は、江崎究(江口洋介)の横柄な態度が取材の人達を不愉快にさせるのではと不安になるが、今回はアンティパストの特集で取材対象が浜岡孝太郎(志賀廣太郎)だと聞いて安心する。ところが浜岡は、取材を受けたくないという。辰巳沙織(倉科カナ)たちは必死に浜岡を説得するが、了解を得ることはできなかった。


いつものように、閉店後に辰巳日出男(風間杜夫)が入院している病院を訪れた沙織は、見舞いに来ていた浜岡と会う。沙織は、日出男が戻ってくる時にお客様の笑顔があふれる店にするためにはどんなことでもしたいと訴え、取材を受けて欲しいと再びお願いする。


数日後、浜岡の取材が行われた。記者の質問に少ない言葉で返す浜岡だが、取材はなんとか無事に終了した。やがて、掲載誌が発売になると予想以上の反響があり、喜ぶ沙織や瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)。


ある日、ひとりで来ていた男性客(弓削智久)が、出された食事に手を付けず、作った者を呼べと言い出す。その乱暴な態度に戸惑う沙織に、男は浜岡の写真が掲載されている雑誌を開き、この店は人殺しが作った料理を出している、と大声で騒ぎだした。ホールスタッフの平石雅弘(渡辺邦斗)が急いで厨房へ報告に行くと、浜岡はホールへ向かう。


ホールで騒ぎ続けている男のもとに浜岡がやってくる。男は浜岡を見るなり、こいつが自分の父親を殺したと詰め寄る。


★撮影秘話★

「ロッカビアンカ」に、カトパンこと加藤綾子アナウンサーが来店します!! 加藤アナが出演するのは、2月3日放送の4話。お客様として来店しますよ。いつも店内を見渡しては、有名人チェックをしている常連客・奥園明美(濱田マリ)さんにも、しっかり見つかっているらしいです。


さらに、加藤アナが「ロッカビアンカ」のセットを紹介する、スペシャル動画の配信が決定したそうです。スペシャルコンテンツの動画配信コーナーで、1月28日(月)夜から配信スタートです。加藤アナの案内で、みなさんもぜひ「ロッカビアンカ」に! 
posted by macaronmama at 22:02 | ドラマ>dinner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「dinner ディナー」第5話・あらすじ・撮影秘話


◆◇◆dinner ディナー◆◇◆ 第5話



・2013年2月10日 
・毎週日曜日 21:00 
・フジテレビ



■キャスト■

 江口洋介 倉科カナ 松重豊 袴田吉彦 関めぐみ 志賀廣太郎 柴本幸 池津祥子 風間杜夫 八嶋智人 ユースケ・サンタマリア ほか



♪主題歌♪ サカナクション 「ミュージック」



■第5話■

『ロッカビアンカ』のスタッフたちが、雑談をしながら賄いを食べていると、出かけていた江崎究(江口洋介)が帰ってきた。武藤はづき(関めぐみ)が江崎に、奥さんはいるのかと尋ねると、いるにはいる、とだけ言い、そのまま厨房に入ってしまう。


本宮恵理子(柴本幸)が、ワインセラーでワイン整理をしているところへ、、不倫関係の夏野大樹(袴田吉彦)がやって来る。夏野は妻と不仲なことをアピールし、恵理子を温泉旅行に誘ってみる。OKの返事が出て、ウキウキしながらワインセラーを出てきた夏野の前に瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)が現れる。夏野は焦るが、瀬川は前から知っていたと告げる。店にだけは迷惑をかけないでくれと、口外しない約束をする。


突然、夏野は妻・愛美(森カンナ)から電話があり、今夜、ママ友たちと『ロッカビアンカ』に行くから、と言われる。夏野は瀬川を呼び出し、愛美が妻であることをスタッフたちには内緒にしてくれと頼む。渋々、了解をした瀬川に、夏野は妻に自分が新料理長だとウソをついていることを話した。当然呆れられる。


店がオープンし、厨房が忙しくなるが、夏野は仕事に集中できず、ミスを繰り返してしまう。やがて、愛美たちがやってきた。瀬川が対応するが、恵理子勝手に、愛美が江崎の妻だと勘違いしてしまう。恵理子はその後も興味津々で愛美に接する。


そのころ、女性客(原沙知絵)が、別のテーブルにひとりで来ていた。メニューにないものを次々にオーダーしてくる。辰巳沙織(倉科カナ)は戸惑いながら厨房へオーダーする。厨房スタッフ達は困惑するが、江崎は、その女性が頼んだワインを聞き、料理は自分が全部作ると言い出す。


そんな中、沙織は愛美が江崎の妻だと、恵理子から聞かされる。瀬川は苦しい言い訳で止めようとするが、その苦労もむなしく、沙織は愛美の元へ挨拶に向かってしまう。



★撮影秘話★

「ロッカビアンカ」に、カトパンこと加藤綾子アナウンサーが来店します!! 加藤アナが出演するのは、2月3日放送の4話。お客様として来店しますよ。いつも店内を見渡しては、有名人チェックをしている常連客・奥園明美(濱田マリ)さんにも、しっかり見つかっているらしいです。


さらに、加藤アナが「ロッカビアンカ」のセットを紹介する、スペシャル動画の配信が決定したそうです。スペシャルコンテンツの動画配信コーナーで、1月28日(月)夜から配信スタートです。加藤アナの案内で、みなさんもぜひ「ロッカビアンカ」に! 
posted by macaronmama at 22:11 | ドラマ>dinner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
外国為替証拠金取引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。